悩みタイトル

仕事や運動をしている際にすぐに疲れを感じる
目の疲れを感じやすくなっている
食欲が湧かなくやる気が起きない
寝付きの悪さを感じる
睡眠中に突然目を覚ましてしまう
上記の状態におかれますと不眠症、ないし睡眠障害の疑いがあり体調に悪影響を与えてしまっているケースが見受けられます。

不眠症に対する当院の考え

不眠症とは
寝付きが悪い
眠りを維持できない
十分睡眠を取れた気がしない
寝てて疲れが抜けない
活動時にあくびや眠気がやってくる
等の状態から様々な諸症状を起こしてしまうものになります。日中の活動時においての活動量の低下、集中力の欠如など日常生活に弊害を及ぼしてしまうものばかりか最悪の場合事故に巻き込まれてしまったり大きな被害のきっかけになりうる場合も考えられます。
自院の考えとして睡眠の質の低下は生活水準の低下多大な健康被害を引き起こすきっかけその他疾病を引き起こしうる原因怪我の起因となる集中力欠如なりうるのでしっかり治療の必要性を皆様に伝えていき改善に繋げられるように対応せていただきます。

なぜ不眠症になるのか、その原因

不眠症のそもそもの原因といたしまして
大きな要因としまして
1、身体的原因

2、生理学的原因

3、精神医学的原因

4、薬理学的原因

5、心理学的原因

と分けられます
それぞれ体の異常が原因にあるもの
内蔵、ないし体内物質の分泌量に起因するもの
うつ病やパニック障害から併発して起こるもの
服用していらっしゃる薬の副作用等が原因のもの
ストレスや人間関係から起こりえるものなど様々な原因が挙げられます

だだそれぞれ発症してしまう
年齢、性別、環境からも原因が変わっていき
それぞれに合わせたカウセリングや
対処法を行う必要があります

個人で原因を作ってしまわれるケースもあれば周りの環境が起因するものもあり
それらは様々となってます。

不眠症の軽減方法

不眠症の改善方法としまして
ます睡眠の質を上げること、睡眠をとることに対してストレスを感じないようにすること、睡眠をとるための準備をする。
まず行えることからはじめるのも重要になっていきます。
上記であげた要因の中には患者様の生活習慣を改善することで改善に向かわせることができるものもございます。現代社会において睡眠の質を損なう要因が多く見受けられます。
スマートフォン、デスクワーク、ストレートネック…
非常に多くなったように感じられます。周りにそういった睡眠の質を損なう要因が多く存在しておりますので対処法に関しても原因によって様々なものがございますが
まずは冒頭にお伝えしたようなすぐに行えるものから取り入れることが重要になっていきます。

当院オススメの軽減メニュー

そんな当院では
睡眠の質を向上させてくれる
治療方法としましては
1、頭蓋骨矯正治療

2、全身矯正治療

3、全調整鍼治療

があげることができます!
上記の治療に関しては
脳への刺激を与えて神経系統から 
改善に向かわせること
身体のストレスを改善することで
睡眠誘導に向かわせる
体内の気の流れを整えることによって
お身体を睡眠に向かわせるように促していく
それぞれの治療は患者様の睡眠に対して
阻害している因子をまずカウセリング、問診でしっていただき治療を受けていただくことによって改善に向かわせることができます
場合によっては原因が一つだけとは限らないので複数の治療を組み合わせて受けていただくことで効果を発揮するものもあります。

施術頻度はどのくらいか

治療の内容と症状の重症度によって
治療頻度は変わっていきますが
それぞれの治療はまずは週2日から3日の感覚で受けていただき身体にこびり付いている悪い循環を流しだしていきます
そこから症状の改善具合に応じて
治療のペースが週1日でも可能な方もいれば
スパンを詰めて行っていく必要性がある方と分かれていきますが
しっかり治療を受けていただければ
改善に向かわせていけます!